研究用アプリケーション

attocube systems

attocubeの製品の研究用アプリケーションへの活用

研究用アプリケーションにおいて、attocubeの レーザー干渉式変位センサは、さまざまな設定で変位や振動を測定が可能なユビキタスツールです。例えば、ナノ構造のカンチレバーの周波数スペクトルや光学機構における材料変形の解析に使用できます。光や力学の量子効果の研究開発ではナノ構造のカンチレバーが広く用いられています。カンチレバーとその周囲の環境との相互作用よって、カンチレバーの動きの状態は変化します。この変化を光学的な測定することにより、材料科学における材料特性の見極め、磁場の検出、カンチレバーの温度測定をすることが可能です。attocubeの干渉式変位センサは、カンチレバーの動きの状態を捉えるために測定用のセットアップへ容易に組込めます。極微小の材料特性の特定と活用へは、光学的放射線がセンシングとマニュピュレーションの手段として用いられています。強いレーザービームでは局所加熱による材料変形に導き、弱いビームは「バックアクション」よる変形がないことの検知に利用されています。光センシングの主に求められるのは高信号対雑音比の安定したレーザー光源です。attocubeのレーザーは原子的に安定しており、これらの要求を満たします。さらに、真空および低温でと幅広く対応するセンサーヘッドがあり、材料科学の適切な測定ツールとしてご使用いただけます。ナノ構造材料は一般的なバルク光学媒体と比較すると非常に珍しい光学特性を持っています。シリコンのような材料にサブ波長の特徴を持つ結晶状の構造を書くことで、ナノメートルの薄いミラーを実現することができます。また、他の巨視的なデバイスにこのような「フォトニック結晶」構造を実装することによってマイクロおよびナノスケールの領域で活用することができます。レーザー干渉式変位センサは、フォトニック結晶構造の正確な機械的特性のために使用されるだけでなく、変位センシングの最大の精度が求められる実際のナノ加工のプロセスにも採用されています。

TOPに戻る