本文へスキップします。

レーザ専門商社の草分けとして1968年から 研究・開発者のニーズにお応えしてきた日本レーザー

お問い合わせ

メーカー NKT Photonics

狭線幅&低ノイズ 単一周波数ファイバレーザー“Koherasシリーズ”

狭線幅&低ノイズ。DFBレーザーベースの縦モードシングル 単一周波数レーザー

 Koheras HARMONIK ハイパワー 755-780nm 出力 単一周波数ファイバレーザー登場(2019年1月)

  • 単一周波数
  • 位相ノイズ/振幅ノイズを低減
  • ショットノイズ低減モデル
  • シンプルなターンキー機操作
  • 産業アプリケーション対応の高い堅牢性・信頼性
  • SuperK Fiber Delivery ファイバ出力&ファイバ・カップリング

概要

Koheras ファイバレーザーは、縦モードシングル、単一周波数の超低ノイズ光源です。DFB デザインを元にした完全一体型システムで、産業・研究の両方に好適な、堅牢で信頼性の高い発振を保証しています。位相及び振幅のノイズレベルが他に類のないほど低く、過酷な環境下でも非常に高い安定性とモードホップフリーの単一周波数出力が得られます。さらに低い強度ノイズレベルが求められるアプリケーションでは、ショットノイズ低減モデルもご提供いたします。

Koherasシリーズは、波長帯域 1μm帯及び 1.5μm帯で、CW発振。出力パワーレベルは 10mW から 15W です。755-780nmのSHG出力モデルは、最大出力パワー7Wです。波長、出力パワー、RIN(相対強度ノイズ)抑圧といった多数のレーザーパラメータのコントロールや読み取りを、フロントパネルから直接またはGraphiKプログラムによるPC経由で実行できます。またサーマルチューニング機能が標準装備されており、オプションで高速ピエゾチューニング機能も追加できます。

高い周波数安定性や長いコヒーレンス長が求められる干渉アプリケーション(例:オイル/ガスの探査・開発、パイプラインのモニタリング、境界線セキュリティ、構造ヘルスモニタリングなど)に最適です。また強度ノイズが小さく、スペクトル安定性にも優れているため、風力タービンのための風力ドップラーライダーシステム用の光源や航空宇宙産業にも好適です。その他フォトニック・ドップラー速度計測 (PDV)、分光、基礎研究など多様なアプリケーションに応用できます。Koherasシリーズは全モデルについて、長期保証及び遠隔モニタ/サポートのサービスを提供しております。

モデル OEMモジュール ラックマウント 出力パワー 波長範囲
Koheras BASIK × 10-40 mW 1535-1580 nm /
1030-1120 nm
Koheras BASIK MIKRO × 10-40 mW 1535-1580 nm
Koheras BOOSTIK OEM × 1-1.3 W 1550-1570 nm
Koheras ADJUSTIK × 10-40 mW 1535-1580 nm /
1030-1120 nm
Koheras ACOUSTIK × 10-40 mW 1535-1580 nm /
1030-1120 nm
Koheras BOOSTIK × 2-15 W 1535-1575 nm /
1030-1090 nm
Koheras HARMONIK Up to 7 W 775-780 nm


Koheras HARMONIK ハイパワー SHG出力(755-780nm) 単一周波数ファイバレーザー 

Koheras HARMONIK

HARMONIKシステムは、波長755-780nm、最大出力パワー7Wの、高出力 周波数ダブリングレーザーシステムです。Koheras 低ノイズファイバレーザーフォームおよびBOOSTIKと、新しい周波数変換モジュールで構成されます。BOOSTIKシステムは19インチラックマウントで、HARMONIKは卓上モジュールです。
低強度ノイズモデルのC7と、狭線幅&超低位相ノイズモデルのE7の2種類をご用意しています。C7は相対強度ノイズが非常に低く、RINレベル -140 dBc/Hz (10 MHz時)です。E7は、<0.2 kHz の狭線幅と、-87 dB(rad/√Hz/m) (10 Hz時)の非常に低い位相ノイズが特長です。

いずれのモデルも標準出力パワーが高く、最大7Wです。特注でさらにハイパワーも提供可能です。また M2 < 1.1 の良好なビーム品質を持ち、量子センシングやレーザー冷却&原子トラップなどに好適です。堅牢な筐体で、ビーム出力は標準でフリースペースですがファイバ出力も可能です。ファイバ出力をご希望の場合には、ハイパワー伝送に最適なNKT Photonics社独自の高効率 偏波保持シングルモード・フォトニック結晶ファイバを推奨いたします。

仕様へ


Koheras BasiK OEM向け 狭線幅&低ノイズ 単一周波数ファイバレーザー

Koheras BasiK

Koheras BasiK は、OEM組込みに最適なコンパクトな単一周波数ファイバレーザーモジュールです。複数のモジュールを組合せ、よりハイパワーのベンチトップシステムや多波長システムも構築できます。

仕様へ


Koheras MIKRO OEM向け コンパクト&低ノイズ 単一周波数ファイバレーザー

Koheras BasiK

Koheras MIKRO は、産業用センシングシステムへの組込み向けに開発された、市場で最も小さい単一周波数ファイバレーザーです。標準モデルは1550nm、10 or 40 mW 出力の2モデルをご用意しています。1535-1580 nm範囲からのご指定も承ります。

仕様へ


Koheras BoostiK OEM OEM向け 高出力&低ノイズ 単一周波数ファイバレーザー

Koheras BOOSTIK OEM

Koheras BoostiK OEM は、OEM組込みに最適なコンパクトな単一周波数ファイバレーザーモジュール型です。Koheras BasiK よりもハイパワーな 1W 出力です。複数のモジュールを組合せた多波長システムも構築できます。

仕様へ


Koheras AdjustiK ベンチトップ 狭線幅&低ノイズ 単一周波数ファイバレーザー

Koheras AdjustiK

AdjustiKシステムは、シングルステージのアンプシステムを採用した、最大出力 200 mW の狭線幅&低ノイズ 単一周波数ファイバレーザーです。ベンチトップ型のレーザーシステムシリーズは、レーザーのセッティングが簡便で、主に干渉計センシングやライダーなどの研究・開発ツールとしてラボ使用をお勧めしています。

仕様へ


Koheras ACOUSTIK マルチチャンネル 狭線幅 単一周波数ファイバレーザー

Koheras ACOUSTIK

Koheras ACOUSTIK は最高16台の Koheras BASIK X15 を1台のシステムに統合したマルチチャンネル単一周波数ファイバレーザーです。全モジュールを簡単にまとめて駆動・制御できるのはもちろん、必要に応じてチャンネル数の変更も可能です。より高い出力が必要な場合には、スロットをアンプモジュールに割り当てることもできます。

システムはパッシブ冷却で、マルチチャンネル計測システム用に設計されています。スタンドアローンの 19” 3U ボックス型で、コントロールエレクトロニクスと電源が内蔵されています。個々のレーザーモジュールはフロントパネルから直接アクセスできます。

仕様へ


Koheras BOOSTIK ベンチトップ 高出力&低ノイズ 単一周波数ファイバレーザー

Koheras BOOSTIK

BOOSTIKシステムは、最大出力 15W@1μm、10W@1.55μm のハイパワー・ベンチトップ型単一周波数ファイバレーザーです。3種類のシードレーザをラインナップしています。

仕様へ


主な仕様

モデル Koheras BasiK Y10 Koheras BasiK E15 Koheras BasiK C15
波長 1053 or 1064 nm
(1030 - 1130 nm 範囲にて
ご指定可能)
1550.12 nm
(1535 - 1585 nm 範囲にて
ご指定可能)
1550.12 nm
(1535 - 1585 nm 範囲にて
ご指定可能)
出力パワー 10 mW 40 mW 10 mW
M2 < 1.05 < 1.1 (5W未満出力),
< 1.3 (5W以上出力)
< 1.05
線幅 < 20 kHz (オプションで
< 3 kHz まで可能)
< 0.1 kHz < 15 kHz (オプションで
< 5 kHz まで可能)
出力 PM出力 PM出力
低位相ノイズ 2.0μrad/√Hz@100Hz
(1m opt. path)
PM出力
低RIN ピーク時 約0.9 MHz
モデル Koheras BASIK MIKRO E15 Koheras BASIK MIKRO C15
波長 1550.12 nm (1535 - 1580 nm 範囲にてご指定可能) 1550.12 nm (1535 - 1580 nm 範囲にてご指定可能)
出力パワー 10 mW 40 mW
M2 < 1.05 < 1.05
線幅 < 0.1 kHz < 15 kHz
モデル Koheras BoostiK OEM C15 Koheras BoostiK OEM E15
波長 1565 nm (1535 - 1585 nm 範囲にてご指定可能) 1565 nm (1535 - 1585 nm 範囲にてご指定可能)
出力パワー 1.0 W (1.3 W まで可能。波長依存。) 1.0 W (1.3 W まで可能。波長依存。)
M2 < 1.05 < 1.05
線幅 < 50 kHz (オプションで < 10 kHz まで可能) < 0.1 kHz (ローレンツ型)
モデル Koheras AdjustiK Y10 System Koheras AdjustiK E15 System
波長 1053 or 1064 nm (1030 - 1130 nm 範囲にてご指定可能) 1550.12 nm (1535 - 1585 nm 範囲にてご指定可能)
出力パワー 10 or 100 mW(波長依存) 40 or 200 mW(波長依存)
M2 < 1.05 < 1.05
線幅 < 20 kHz (オプションで < 3 kHz まで可能) < 0.1 kHz (ローレンツ型)
出力 PM出力 PM出力
モデル Koheras ACOUSTIK X15
チャンネル数 Koheras BASIK X15 を最大16台まで統合
波長 1550.12 nm (1535 - 1585 nm 範囲にてご指定可能)
出力パワー 30 mW (Koheras BASIK X15 1台当り)
M2 < 1.05 (Koheras BASIK X15 1台当り)
線幅 < 100 Hz (Koheras BASIK X15 1台当り)
モデル Koheras BOOSTIK Y10 Koheras BOOSTIK E15 Koheras BOOSTIK C15
波長 1030-1090 nm 1530-1575 nm 1530-1575 nm
出力パワー 2, 5, 10 or 15W 2, 5 or 10W 2, 5 or 10W
M2 < 1.1 (5W未満出力),
< 1.3 (5W以上出力)
< 1.1 (5W未満出力),
< 1.3 (5W以上出力)
< 1.1 (5W未満出力),
< 1.3 (5W以上出力)
線幅 < 20 kHz
(オプションで < 3 kHz まで可能)
< 1 kHz < 15 kHz
(オプションで < 5 kHz まで可能)
出力 ランダム偏光(PM出力可) ランダム偏光(PM出力可) ランダム偏光(PM出力可)
モデル Koheras HARMONIK C7 Koheras HARMONIK E7
出力可能波長 775-780 nm

※中心波長指定可能域。これ以外の波長をご希望の場合はお問合せください。

ビーム品質 M2 < 1.1 M2 < 1.1
出力パワー up to 7W

※中心波長により異なります。

線幅 < 30 kHz < 0.2 kHz
最大位相ノイズ -66dB(rad/√Hz/m)@10Hz
-86dB(rad/√Hz/m)@100Hz
-106dB(rad/√Hz/m)@20kHz
-87dB(rad/√Hz/m)@10Hz
-107dB(rad/√Hz/m)@100Hz
-127dB(rad/√Hz/m)@20kHz
ピークRIN値 約1.0 MHz 約0.7 MHz
RINレベル < -120 dBc/Hz @ peak
< -140 dBc/Hz @ 10 MHz
< -100 dBc/Hz @ peak
< -135 dBc/Hz @ 10 MHz

お問合せ

一覧へ戻る