本文へスキップします。

レーザ専門商社の草分けとして1968年から 研究・開発者のニーズにお応えしてきた日本レーザー

お問い合わせ

取材等のご相談については、
弊社管理部宛にご連絡ください。

製品情報

Direct Photonics 超高輝度ダイオードレーザー

Direct Photonics 超高輝度ダイオードレーザー

Direct Photonics (ダイレクト・フォトニクス) 社は 2011年設立の超高輝度ダイオードレーザー・メーカーです。同社の高輝度ダイレクトダイオードレーザーは、現在ファイバレーザーやディスクレーザーで占められている市場に革命をもたらすものです。Fraunhofer Institutes (フラウンホーファー研究所) の特許技術を活用して輝度の大幅な向上に成功したファイバ出力ダイレクトダイオードは、レーザー切断、レーザー溶接のための新しい強力なツールです。

本社は独国ベルリンで、米国カリフォルニア州シリコンバレーに支社をもちます。同社のレーザー光出力は数百ワットからキロワットレベルにおよび、またその一方で 7.5 mm.mrad の良好なBPPを保持します。

Direct Photonics 社は、高品質な製品の提供だけでなく、高い生産性にも努めています。経験を積んだエンジニアと製品の自動組立てシステムの両輪によって、高い再現性と信頼性を確保しています。

並び順:    表示行数:

800nm帯ターンキー・ダイレクトダイオードレーザー“DIRECTBOND 800”

DirectPhotonics  

高スループットの産業用途システム。サーマルプロセス用途に最適。波長 808nm、出力パワー 100~400W

製品カタログ

詳細を見る

900nm帯ターンキー・ダイレクトダイオードレーザー“DIRECTLIGHT 900”

DirectPhotonics  

薄板金属の切断・溶接、半田付け、プラスティック溶接などの微細溶接。915/976nm, 140~300W

製品カタログ

詳細を見る

材料加工用高出力ダイレクトダイオードレーザー“DIRECTPROCESS 900”

DirectPhotonics  

高輝度&高出力で、切断・溶接など幅広い材料プロセスに応用可能。波長 900~990nm, 出力パワー 最大 600W

製品カタログ

詳細を見る

【応用例】ダイレクト・ダイオード・レーザーを用いたオシレーション溶接

DirectPhotonics  

500 W ダイレクト・ダイオード・レーザーを用いたアルミ / 銅のウィービングによるオシレーション溶接を紹介。

製品カタログ

詳細を見る

【応用例】ダイレクト・ダイオード・レーザーによる鋼の切断加工

DirectPhotonics  

軟鋼とステンレス鋼の切断加工について、500 W ダイレクト・ダイオード・レーザーと、1.5 kW ファイバレーザーを比較

製品カタログ

詳細を見る