ピコ秒レーザーダイオード用マルチコントローラ PDL 828 “Sepia II”

PicoQuant

安定発振&使いやすさ抜群。PicoQuant社LD/LEDレーザーモジュール
最大8チャンネルのパルス&CW兼用ドライバ。繰返し 196kHz ~ 80MHz or CW

安定発振&使いやすさ抜群
最大8チャンネルのパルス&CW兼用ドライバ
  • 発振周波数80MHz(ソフトウェアにて切り替え可能)
  • USB接続
  • 最大8チャンネルまで同時発振
  • LEMOコネクタによるワンタッチ取り付け
  • 外部トリガー入力
  • Pulse/CW兼用ドライバ(Pulse用のみもございます。)

半導体ピコ秒レーザー用コントローラー“PDL-828 SepiaⅡシリーズ”は、基本周波数80MHzのマルチチャンネルドライバです。CW兼用モデルですので、レーザーヘッドがPulse/CW兼用の場合、どちらでも発振可能です。USB接続でPCからの制御となります。最大8chまで同時発振可能です。フレームはS(2チャンネル)とL(8チャンネル)の2種類がございます。最短50psのショートパルスを発振し、530nmや595nm(MOFA)など、375nmから1990nmに亘って多彩な波長(375-1990nm)のモデルに対応したドライバです。

  • 時間分解蛍光寿命測定
  • 生物化学解析
  • 時間分解半導体特性評価
  • ファイバーレーザーのシード光など
  • 発振周波数80MHz(ソフトウェアにて切り替え可能)
  • USB接続
  • 最大8チャンネルまで同時発振
  • LEMOコネクタによるワンタッチ取り付け
  • 外部トリガー入力
  • Pulse/CW兼用ドライバ(Pulse用のみもございます。)

関連商品

 

他のコントローラー

Taiko PDL M1 パルス&CW, 1ch., 波長微調整機能付き
PDL-800D パルス&CW, 1ch.

ヘッド・光源

LDHシリーズ ピコ秒LD 375~1990 nm, 数~20mW
LDH-FAシリーズ MOFA方式ファイバーピコ秒LD 266/531/766/1064/1532 nm, 1~1000mW
PLSシリーズ サブナノ秒LED 245~600 nm, 数~80μW
SOLEA ピコ秒白色光源 480~700nm(broadband), 350mW max.

 

TOPに戻る