FT-IRスキャナ“8035シリーズ”

Oriel (Newport Brand)

モジュラーユニットを選択・構成することによりアプリケーションに合わせて柔軟に構成可能

モジュラーユニットを選択・構成することによりアプリケーションに合わせて柔軟に構成可能
  • モジュール式サブシステムで、用途に合わせて柔軟にシステム構築
  • 広い波長域をカバー: 700~28,000 nm
  • 高分解能: 最高 0.5 cm-1
  • フルサイズ・コリメートビームで高いスループットを実現
  • MATLABベース・ソフトウェア & Active Xコントロール
  • USB 2.0 プラグ&プレイ・インタフェース
  • 多彩なアクセサリ、ディテクタ、光源

8035シリーズ FT-IRスキャナは、FT-IR分析装置の導入を新たにご検討のお客様、より高い柔軟性をお求めのお客様に最適なソリューションです。Orielの製品は、大型のFT-IR装置のパーツとしてしばしばOEM利用されている一方、その高い柔軟性とモジュール性により、アプリケーションに合わせた個々のFT-IR装置の構築が必要な光学(フォトニクス)研究所でも使用されています。

赤外線シグナルや物質の赤外シグネチャを、素早く簡単に、かつ正確に高い確度で計測できます。また特殊なニーズでも、性能に妥協することなく簡単にリーズナブルな価格で導入することができます。波長域の異なるKBrとCaF2の2種類のウィンドウ材質があり、いずれもMIRMatソフトウェアが付属しています。適切な光源とディテクタを含むFT-IRキット(近赤外または中赤外)もご提供できます。またカスタム構成も対応可能ですので、御相談ください。

 

Oriel 製品 専用サイト

モデル 80351 80350
ウィンドウ材質 CaF2 KBr
応答波長 0.7-8.3 μm 1.7-28 μm
開口 38 mm (1.5 inch)
波長精度 0.01 cm-1
S/N 2500:1 at 2200-2000 cm-1, 4 cm-1 分解能,
1 scan sample/1 scan reference, DTGSディテクタ使用
光軸高さ 73.1 mm (2.88 inch)
寸法 419.1 x 298.4 x 203.2 mm (16.5 x 11.75 x 8.0 inch)
重量 16.7 kg (36.9 lbs)

Oriel 製品 専用サイト

TOPに戻る