超小型OPOシステム“OPOLETTEシリーズ”

Opotek

波長範囲410~3450nm, UVモジュール装着で210~410nmもカバー。繰返し 20 Hz。パルス幅 7ns。

波長範囲410~3450nm, UVモジュール装着で210~410nmもカバー
  • 超小型ヘッド:約165(W)×394(L)×112(H)mm
  • 4モデルとUVオプションで紫外から近赤外までの広範な波長域をカバー
  • 高いOPO変換効率
  • ハーメチックシールド・パッケージ
  • ソフトウェア開発キット(SDK)
  • 外部トリガー可能
  • チューニング方式:手動または電動
  • 繰返し:20Hz
  • 水脱離質量分析に最適な IR OPOLETTE 2940

Opoletteシリーズは特許のOPO技術を用いたチューナブルレーザーシステムで、UVから可視, 近赤外に至る非常に広範な波長を生成します。ポータビリティーを重視した超小型パッケージで、レーザーヘッドのフットプリントはわずか7×12インチです。また環境要因から光学部品を保護する完全シールドパッケージで、設置のための余計な作業は不要です。システムには納入や移動後のアライメントをチェックする確認ハードウェアが含まれています。波長チューニングはハンズフリーのPCコントロールで、ビームパスは一定です。システムには Quantel社の超小型Nd:YAG励起レーザーと、高調波発生装置、低拡がり角 OPO、コントロールソフトウェア、SDK、自動シグナル波/アイドラー波セレクタ (OPOLETTE 355/532) が内蔵されています。IR OPOLETTE 及び IR OPOLETTE 2940 にはビームアライメント用に635 nm ガイド光レーザーも搭載されています。

モデル Opolette 355 Opolette 532 IR Opolette IR Opolette 2940
● OPO仕様
出力波長範囲 410 – 2400 nm 680 – 2600 nm 2700 – 3100 nm ;
3000 – 3450 nm
2940 nm
ピークOPOエネルギー 本表下の各チューニング曲線をご参照ください 3 or 6 mJ
スペクトル線幅 4 – 7 cm-1 15 – 20 cm-1 4 – 7 cm-1 4 cm-1
ビーム拡がり角 < 2 mrad (Signal, FWHM, full angle) 10 x 5 mrad (FWHM, full angle)
リニア偏光 横偏光 (Signal); 縦偏光 (Idler) 横偏光
UVチューニング範囲 210 – 410 nm NA NA NA
寸法 12.0 x 7.0 x 4.9 インチ
305 x 178 x 125 mm
10.5 x 8.3 x 2.9 インチ
267 x 211 x 74 mm
● ポンプレーザー仕様
ポンプ波長 355 nm 532 nm 1064 nm 1064 nm
繰返し周波数 20 Hz 20 Hz 20 Hz 20 Hz
パルス長 7 ns 7 ns 7 ns 7 ns
ビーム拡がり角 3 or 4 mm 3 or 4 mm 3 or 4 mm 3 or 4 mm
トリガ接続 FL IN, FL OUT, QSW IN, QSW OUT
PSU寸法 17 x 14.2 x 5.3 インチ
432 x 361 x 135 mm
17.2 x 5.25 x 14.2 インチ
435 x 133 x 360 mm
PSU冷却 クローズドループ水冷

チューニング曲線

OPOLETTE 355 UVチューニング(オプション)
OPOLETTE 532 OPOLETTE IR
TOPに戻る