材料加工用高出力ダイレクトダイオードレーザー“DIRECTPROCESS 900”

II-VI DIRECTPHOTONICS

高輝度&高出力で、切断・溶接など幅広い材料プロセスに応用可能。波長 900~990nm, 出力パワー 最大 600W

高輝度&高出力で、切断・溶接など幅広い材料プロセスに応用可能
波長 900~990nm, 出力パワー 最大 600W
  • ターンキーシステム
  • 超高輝度
  • 高速変調
  • 工業用ファイバー出力
  • マイクロプロセッサ採用
  • イーサネット/RS232/アナログ/TTL制御
  • GUI(グラフィックユーザーインターフェース)
  • 金属の切断
  • 微細溶接
  • フリット溶接
  • はんだ付け
  • マイクロエレクトロニクスの製造プロセス
  • 積層造形

関連アプリケーションノート

モデル DIRECTPROCESS 900
出力 200W 400W 600W
波長範囲 900 – 990nm
スペクトル幅(代表値, FWHM) <35nm <75nm <85nm
パイロット・レーザー オプション(赤色)
出力ファイバーコア径 105μm / 200μm
開口数(NA) 0.2 / 0.1
ファイバコネクタ D80, SMAQ D80, QBH, LLK-HP QBH, LLK-HP
出力ビーム形状 円形 / 方形
変調周波数(最大) 50 kHz
パルス幅(最小) <10 μs
供給電圧 48 V DC
インターフェイス Analog I/O, Ethernet (TCP/IP), ProfiBus, USB
動作温度範囲 15 – 35℃
保存温度 0 – 50℃
湿度 @25℃ < 75%
冷却 水道水
冷却水温度 20 – 25℃
圧力損失(代表値) <2bar
冷却水入力側圧力(最大値) 4bar
冷却水流量(代表値) 3.5 l/m 5.5 l/m 7.0 l/m
冷却水流量(最小値) 2.5 l/m 4.5 l/m 5.5 l/m
寸法 220mm x 320mm x 86mm
TOPに戻る