ハイパワーレーザーシステム SERIES A & SOLARISTM

DRS Daylight Solutions

軽量、高出力 航空機生存性アプリケーション向け軍事用堅牢レーザーシステム

高出力レーザーシステム 堅牢な航空機生存率向上装置

  • VIS、NIR、SWIR、MWIR、LWIRバンドを含むマルチスペクトル機能
  • 個別にアドレス指定可能な波長チャンネル
  • 空挺プラットフォーム用の軍事規格に準拠した堅牢性
  • 過酷な環境下での環境試験
  • 航空機サバイバル装置の検証済み性能
  • モジュラー構造により、柔軟で迅速なアップグレードを実現

 
DRS Daylight Solutionsの高出力マルチカラーレーザーシステムは、軍事用途にクラス最高の性能を提供します。画期的な量子カスケードレーザー技術に基づいたこれらの高出力レーザーシステムは、VIS、NIR、SWIR、MWIR、およびLWIRバンドをカバーし、航空機のサバイバビリティ機器の中で最良のものとなっています。波長と出力の組み合わせをユーザーが指定できるため、特定の要件に合わせて調整することができます。モジュラー設計により、単一の製品ラインから波長と光出力を組み合わせて使用することができます。また長期的な信頼性の保証のため、10,000時間以上の環境試験とE2Eテストを実施しており、軍事規格に準拠した耐久性を備えています。
 
 
 

SERIES A ハイパワーレーザーシステム

レーザーシステムのSERIES Aファミリーは、複数の出力ポートに分配可能な高出力の多波長での光出力を実現します。内蔵の光スイッチにより、最大6つの出力ポートのいずれかにレーザーエネルギーを向けることが可能です。また光出力の柔軟な分配を可能にするためにファイバ結合することが可能です。ミリタリー仕様の頑強なレーザーシステムは、航空機の生存性を向上のための分散開口部の赤外線対策など対して理想的でのOEMアプリケーションに適しています。
 
 
 

SOLARISTM 航空機の生存性アプリケーション向け軽量・高出力の軍事用堅牢レーザーシステム

Solarisは、Northrop GrummanのCIRCMソリューションのレーザー光源として採用されています。Solarisは、現在および将来の脅威の克服のため、複数色で高出力の高速同時ブレークロック妨害が可能です。Solarisレーザーアセンブリは、モジュール式のオープンシステムアーキテクチャを使用して設計されています。これにより、システム設計者は、最高の技術性能を統合し、進化する脅威を継続的に克服するため新機能を迅速に取り入れることができます。

仕様 Series A Solaris
重量 15.5 lbs
(約7kg)
9.6 lbs
(約4.4kg)
寸法 10.5” x 10.5” x 3.75”
(約26.7 x 約26.7 x 約9.5 cm)
10.3” x 7.9” x 2.7”
(約26.2 x 約20.0 x約6.9 cm)
環境規格 MIL-STD-80G, MIL-STD-461F MIL-STD-810G, MIL-STD-461F
電気規格 MIL-STD-704A-F MIL-STD-704A-F
最大入力電力 28V / 450 W 平均 185 W
MTBF ******* 7500 時間

*仕様は予告なく変更されることがあります。随時お問合せ下さい。

TOPに戻る