RGB 3色 励起用ピコ秒レーザー Pirma

Prima 3色ピコ秒レーザー

new!

  • RGB (3色)ピコ秒レーザー(450、510、635 nm)
  • コンパクト、スタンドアロン、インターロック・キースイッチ・ドライバー込み
  • パルスおよびCW動作、高速CWスイッチング
  • 最大200MHzで、内部および外部でトリガー可能
  • ジッター: <20ps
  • コンピューターでのフル制御が可能

Primaは、ピコ秒パルスおよびCWモードで動作できる、3つの個別の発光波長を持つ、コンパクトでスタンドアロン、手頃な価格のレーザーモジュールです。ピコ秒パルスは、モジュールの内部クロックまたは最大200MHzの外部発振器のいずれかによってトリガーされます。 モジュールはコンピューターによりフルで制御されており、操作が非常に簡単になっています。USBポートを介してPCへ接続することで、、使い易いソフトウェアインターフェイスを介して全操作パラメーターの変更することが可能です。

私共のノウハウをお客様へ

多くの研究において全てのサンプルをカバーするため一つ以上の励起波長が求められます。しかし複数のレーザーヘッドやレーザーコンバイナーの購入はかなり高価になります。PicoQuant社のノウハウから開発製品化された、励起に必須な3原色のをカバーにするコンパクトでお手頃な価格の製品をご提供いたします。

赤、緑、青: 最も有用な3波長を発光

Primaは、635、510、450nmの3つの波長のレーザー光を発光。 各色は、一度に1つずつ個別に生成できます。これらの波長は、材料科学、化学、生命科学で最も一般的に使用されている3つの波長です。分光法や顕微鏡法のアプリケーションで日常的に励起され、新ナノ材料、量子ドット、分子、フルオロフォアなど幅広いサンプルを研究に使われます。寿命や量子収率の測定、フォトルミネッセンス、蛍光など、日常のラボタスクに関してほとんどのニーズに対応できます。

パルス、CW、高速スイッチング発光モード

Primaは、どのような動作モードを必要とするかに関わらず、時間分解や定常状態での測定、高速CWスイッチング機能の使用を可能な柔軟性を持っています。パルスモードは、100 Hz〜200 MHzの間で選択された繰り返しで周波数では内部的に、駆動し、また、シングルショットから200MHzまでの範囲では外部より駆動が可能です。
 
各波長の平均光出力はtyp.5mWです。CWモードでは、各波長でより高い平均出力(最大50mW)を得ることができます。CW発光のON/OFFの切り替えは、立ち上がり/立ち下がり時間が3ns以下となっています。
一定の繰り返し周波数は内部で設定できますが、バースト励起パターンは適切なトリガーソース(例:PicoQuant社のSepia PDL 828のオシレーターモジュールなど)からトリガーできます。
Primaを他のレーザーダイオードヘッドと組み合わせることで、バーストだけでなく、パルスインターリーブ励起(PIE)や代替レーザー励起(ALEX)など、洗練された励起パターンの作成が可能です。多くの環境で多用途のツールとしてご使用いただけます。

簡単な操作性

Primaはスタンドアローンのモジュールなので、追加のレーザードライバーは必要ありません。設定や動作パラメータは、定評のあるSepiaグラフィック・ユーザー・インターフェースをベースにしており、直感的なコントロール・ソフトウェアを使って、コンピューターでフル制御が可能です。

仕様

光出力
波長*1[nm] 450 510 635
最大パルス出力*2 5 5 5
パルス幅[ps] <120 <170 <120
最大CW出力[mW] 50 50 50
ビーム寸法*3 0.55 0.6 0.8
ビーム真円度 >0.5 >0.6 >0.7
偏光 typ 直線
偏光消光比(PER) typ >1:10(>10 dB)
スペクトラム幅
FWHM[nm](パルス)
4nm 6nm 2nm
スペクトラム幅
FWHM [nm](CW)
<1nm
繰り返し周波数
内部
範囲 ユーザー選択可能 >2000ステップ:100Hz ~200 MHz
外部
範囲 0 Hz~200 MHz
トリガーレベル -1…+5V (50 Ω)
ジッター < 20 ps
コネクタ SMA
同期出力
振幅 <-800 mV(50Ω)(NIM)
コネクタ SMA
ゲーティング
立上り時間/立下り時間 < 3ns
インピーダンス 10 kΩ(プルアップ) 50 Ω(プルダウン)
コネクタ SMA
寸法
サイズ(H x W x L ) 75 x 83 x 140 mm
動作
温度範囲 10~40℃
最大消費電力 < 30 W
インターフェイス
PC インターフェイス USB 2.0
コネクタ USB-C
OS Windows®10

*1 パルスモードでの代表値です。CWモードでは長い波長側へ若干シフトします。
*2 最大強度設定、最大繰り返し周波数における最大平均出力です。最大強度設定時には、最大500 ps FWHMまで
パルス幅が広がる可能性があります。
*3 レーザー開口部から1m離れた場所での測定値。

アプリケーション事例

  • 材料科学・化学研究
  • 生命科学
  • フォトルミネッセンス寿命・量子収率測定
  • 蛍光寿命測定
  • 時間分解顕微鏡と単一分子検出 (FLIM, FRET, PIE-FRET, FCS)
  • パルスドインターリーブド励起(PIE)
  • 検出器のテスト
  • アンチバンチング
  • LiDAR

データシート関連

Prima 3色ピコ秒レーザー

TOPに戻る