プログラム可能な波長掃引 Akinetic Swept Laser

プログラム可能な波長掃引の重要性

ほとんどのレーザーは、所定のデューティサイクルとパワープロファイルで1つの速度でしか性能を発揮できません。そのため、ポイント数を変更する唯一の方法は、光学的なk-clockハードウェアを変更することになります。 Insight™のレーザーでは、これらパラメータはそれぞれプログラムされており、実験から別の実験、ひとつのイメージングから他のイメージングへと変更することが可能です。

  • コヒーレンス長もプログラム可能
  • 中心波長,スイープ幅,スイープ方向も変化させることができます。

プログラム可能な要素の概要

 

ips_sweep_progmability

次の表はInsight™レーザーにてプログラム可能なパラメータの概要を示しています。

パラメーター Insight™Akinetic半導体レーザー
デューティー
サイクル
0–95%
掃引幅 10nm~140nm
測定ポイント数 1~130,000
中心波長 可能
コヒーレンス長 1mm~40mm
掃引パワープロファイル フラットトップ、ガウシアン、ユーザー定義
掃引速度 200k~200k sps
線形掃引 線形λ,線形周波数
掃引方向 前方,λ後方,周波数

掃引パラメータの設定は,RS-232 またはイーサネットから簡単なコマンドで行えます。
パラメータの変更はいつでも可能です。 完全に変更が設定されて、再びレーザーが使用可能になるには約23秒掛かります。

パラメーター テクノロジー
Insight™
Akinetic
半導体レーザー
MEMs 共振器 FDML VCSEL ポリゴン

ミラー

ビーム

偏向器

デューティーサイクル 0–95% 潜在的 No Yes 潜在的 No No
掃引幅 0~100% No No No No No No
測定ポイント数 1~130,000 No1 No1 No1 No1 No1 No1
中心波長 Yes No No No No No No
コヒーレンス長 1~40nm No No No No No No
掃引パワー

プロファイル

フラットトップ,
ガウシアン,
ユーザー定義
No No Yes No No No
掃引速度 2K~200K sps No No 限定的 No No No
掃引方向 線形λもしくは周波数 No No 潜在的 No No No
*1 外部k-クロックFSRを変更するだけでポイント数を変更できます
上記表のようにプログラムが可能で、ご要望に応じたオプション注文が可能です。

 

イーサネットまたはRS-232C

レーザーは、イーサネットまたはRS-232のいずれかを介して通信することができます。コマンドは、レーザーの設定可能なオプションのすべてを制御するシンプルで直感的な文字列です。 レーザーに内蔵の測定ファームウェアを加えることにより、gigabitサイズのイーサネット経由でデータが利用可能になります。

TOPに戻る