次期搭載機能 高速・高分解能測定の統合化 Akinetic Swept Laser

高速・高分解能の統合測定の重要性

  • システムコストを大幅に削減
  • 開発コストと時間の削減
  • システムのサイズと複雑さを軽減
  • 市場投入までの時間を短縮
  • 完全なOCTエンジン:センサーと画像可視化ソフトウェアを追加するだけ
  • 測定パフォーマンスの向上
  • 商品のコストを削減し、マージンを改善するか、または価格を下げて浸透率を高める
以下の機能は、今後数ヶ月の間に利用可能になる予定です。 詳細はInsight™へお問い合わせください。

二重化されたA/Dコンバータの平均システムコスト削減

インサイトレーザーは、内部で高速A/Dコンバータを使用しています。 これらのコンバータをデュアルパーパス化することで、追加コストをかけずにデータ収集にアクセスできるようになります。 1GBまたは10GBの高速イーサネット通信とDSPを介したリンケージを追加することで、レーザーエンジンは、ソーシングと測定の両方を提供し、システム全体のコストを削減することが可能になりました。

1つ、2つまたは3つのコンバータ

従来のOCTでは、1つのコンバータが必要な場合があります。 偏光に過敏な場合や、マルチアングル、マルチ焦点距離などのマルチパスOCTアプリケーションでは、複数コンバータがあることが有利になります(これらのアプリケーションの中には、Insight™レーザー高コヒーレンス長を使用する場合、遅延パスを使用して複数のコンバータを使用せずに1本のファイバー上に信号を配置する場合があることに注意してください)。

14ビット、400MHz高解像度変換

アキネティック(Akinetic)レーザーの高品質の光信号とその結果としてのPSFは、高分解能の検出を効果的に使用することができます。 そして、より高い解像度は、より低い12ビット変換の割引価格で使用することができます。 良好なSNR。 400MHzまでのデータ変換。

ボード搭載オプション処理

すべての信号処理を行うことレーザーが可能。またデータ取得でFFTやウィンドウ処理などの初期信号処理を行うこともできます。

市場投入までの時間を短縮

統合された測定システムを使用することで、OCTシステムの開発がより速くなり、開発費を削減につながります。
これにより、重要なソフトウェアや光学スキャニングシステムの開発に集中することができます。

400MHzまでの測定レート

レーザーのコアトリガーレートは400MHzです。 つまり、以下のいずれかを行うことができます。
 

  • 最大400kHz@1,000ポイントまで
  • 最大200kHz @ 2,000ポイントまで
  • 最大100kHz @ 4,000ポイントまで
  • 最大50kHz @ 最大8,000ポイント
  • 20kHz@最大20,000ポイントまで
  • 最大10kHz@最大40,000ポイントまで
    等々

                 
 
測定自体は400MHzからダウン調整が可能です。アクセス可能なレートには、400、200、133、100、80、66、50、44および40MHzがあります。
レーザーはデータ収集システムのトリガーを提供します。
電子k-Clockとトリガージッタの詳細については、優れた波長掃引の線形性 Akinetic Swept Laserを参照ください。

TOPに戻る