顧客システムの将来性を保証 Akinetic Swept Laser

新たな機能の重要性

OCTはまだ黎明期にあり、OCTのは将来性は非常に明るいものです。 OCTを利用して組織からより多くの情報を得るための新しい方法論(ドップラーと偏光感受性OCTはそのうちの2つに過ぎません)の研究が盛んに行われています。 真にソフトウェア制御されたレーザーがもたらす柔軟性は、これまで不可能だった新しい洞察と革新性を可能にするかもしれません。
 
以下の機能は、今後数ヶ月の間に利用可能になる予定です。 詳細はInsight™までご連絡ください。
 

非連続掃引

OCT掃引の情報のほとんどはスイープの最初と最後の部分に含まれているため、掃引のこれらの部分のデータのみを利用することで、より低い解像度で高速測定する必要がなく、高速システムに存在しうるデータ処理のボトルネックを減らすことなく、超高速OCTの新たな可能性を開くことができるかもしれません。
 
興味深いことに、インサイトレーザは異なるバンド(例えば、1310と1550のリンク)でコヒーレント掃引を生成できるので、非連続掃引を実装することで、より広い範囲で有効な掃引を生成し、解像度を大幅に向上させることができます。

ips_formulas and diagram for bifurcated ranges

カスタム波長掃引プロファイル

現在のところ、Insight™レーザーは線形周波数モードまたは線形波長モードでの掃引が可能です。 掃引プロファイルはソフトウェアによって決定されるため、レーザーがあらかじめ決められた非線形波長または周波数対時間プロファイルで掃引できます。
新しいOCT機能のために他の研究者もこの機能は探求しています。

多波長同時掃引

インサイトレーザーは独自のトリガーを生成し、波長は等間隔に配置されたトリガーポイントでの正確な測定を余儀なくされるため、複数波長の同時スイープを実行する機会が増えています。 例えば、2つのレーザーをリンクして、1310nmと1550nmのバンドスイープを同時に行うことができます。 これらのバンドのそれぞれからのデータは、画像のための異なる補完的なデータを提供するので、両方のバンドからの結果を組み合わせることで、医師はより多くの、より良い診断情報を得ることができます。 単一の光ファイバプローブは、両方の波長帯域を同時に搬送することができるが、データ取得のために帯域を分離するために、時間遅延多重化または波長分割多重化のいずれかを使用することができる。 時間遅延多重化システムでは、単一の検出器を使用して両方の信号を取得することができます。 あるいは、波長分割多重化システムでは、デュアルチャネル検出を使用します。

調整可能な掃引繰り返し率/インターレース掃引率

キネティックレーザーでは、スイープレートを変更できる機能が限られています。 インサイトレーザーのスイープは、いつでも自由に変更することができます。 実際には、異なるスイープレートのスイープを重ね合わせることも可能です。 OCTコミュニティでは、これを有益な効果に利用できるのではないかとの考えがあります。 スイープ繰り返し率は、20の要因によって変化させることができます。

インターレースされたフォワードとバックワードの掃引

プローブの動きは、いくつかのOCTイメージングアプリケーションでは問題となります。 前方と後方の線形同調周波数掃引を交互に行うことで、特定のアプリケーションではプローブの動きの影響を排除することができます。
他のレーザーとは異なり、Insight™レーザーの掃引直線性とPSFは、前方掃引でも後方掃引でも同じです。

インターレースされたデータポイント数

掃引のデータポイント数は、画像の非線形性に影響を与えることがあります。 Insightレーザーでは、データポイント数を変えてインターレース掃引を実行する可能性があります。 外付けのk-clockでは問題となる可能性がありますが、Insightレーザーの内部電子k-clockを使えば簡単です。

光学式自動平準化

レーザーは、波長をまたいでパワープロファイルを自動的に水平にすることができ、内部測定を介して自動的に光信号を事前に強調することができ、OCT干渉計の波長と偏光依存性の損失を補償し、潜在的にPSFとその結果としての画像品質を向上させることができます。

調整可能なコヒーレンス

Insight™レーザーでは、コヒーレンスの長さをアプリケーションに合わせて調整することができます。 コヒーレンスをイメージング深度のすぐ上に設定することで、望ましくないゴーストを除去することができます。
コヒーレンス長の異なる掃引をインターリーブするInsightレーザーの能力を使用して、スペックルの低減や新しい解析技術の導入など、有利な画像結果を得るための可能性については、現在も研究が続けられています。

ユーザー調整可能なコヒーレンス長

この機能は、Insightレーザーのユニークな特徴を説明します。それは、レーザーを複雑かつ詳細に制御するためのソフトウェアプラットフォームです。 この制御の意味するところは、コヒーレンスの長さをソフトウェアで調整できることです。 14 mmのコヒーレンスが必要な場合、レーザーはこのように設定できます。この機能により、スプリアス反射に対するコヒーレンス長の調整が可能になります。

TOPに戻る