小型化 Akinetic Swept Laser

小型化の重要性

  • OCTシステムは、時間の経過とともに大幅に縮小することができます。
  • 小型フォームファクタでポータブルシステムを実現
  • 小型化によりシステムコストの削減が可能

小型サイズ

Insightレーザーのパッケージは、シガーボックスよりも小さくなっています。
レーザーは、3つの異なるパッケージ構成で提供されています
OEMバージョン、ベンチトップバージョン(実験および検証用)、計装バージョン(すべての主要なレーザー機能をタッチパネルで制御)です。
 
ips_small-size
 

さらなる小型化への進化

Insight™レーザーの最初のバージョンは、23立方フィートの装置で構成され、設置には2台の実験台が必要でした。 18ヶ月前、中間バージョンでは、サイズが約1メートルに縮小されました。
駆動電子機器の削減とその他の変更により、2つの大きなサイズダウンを経て、現在のスマートフォンとほぼ同じ大きさのレーザーになります。
 
ips_size-evolution
 

TOPに戻る