本文へスキップします。

レーザ専門商社の草分けとして1968年から 研究・開発者のニーズにお応えしてきた日本レーザー

お問い合わせ

メーカー Quantel

QCWダイオードの電源ドライバに最適な 0~500A 可変の QCWモード・カレントパルス源
  • パルス幅 20 µs ~ 3 ms
  • 最大平均パワー 1000 W
  • AC/DCコンバータ付き
  • 自己冷却 3U ラック・パッケージ
  • 高信頼性: 工業グレード部品使用
  • ユニバーサル AC入力:115~230 VAC / 50~60 Hz
  • ダイオード電圧: 0~100 V
  • フローティング出力
  • 2チャンネル(オプション):独立(2x500 A)または並行(1x1000 A)
  • 高効率: 80%(代表値, AC入力から)
  • 出力過電圧、過電流、漏電、断線から保護
  • タッチスクリーン:パルスパラメータ、保護レベル設定、測定、エラー読取り
  • 通信接続:I2C, SPI, CAN, Ethernet から全設定・測定が可

QCW LDバー&アレイはこちら
4mJ 10kHz QCW LD パルス光源はこちら

概要

QCWモード電流パルスを0~500A範囲で発生する電源です。パルス幅を 20μs~3ms 範囲で、平均出力(ピークパワーのデューティ比)を最大1000Wまで調整できます。筺体は使い易いフロントパネル・タッチスクリーンの自己冷却 3Uラックです。

本製品は非常に汎用性の高い高出力LD電源です。内部/外部トリガ、パルス幅変更、シングルショットから可変の繰返し周波数といった複数のコントロールオプションを提供し、印加したパルス特性(電流、電圧、パルス幅)を表示します。コマンド、コントロールデータ、パルス測定の全てを、I2C, SPI, CANやEthernet(オプション)から実行できます。全パラメータをユーザ調節可能です。

LDを安全に駆動するため、過電流、過電圧、漏電、断線、過温度といった全てに対して、必要な保護機能を備えています。

オプションで2チャンネル構成も可能で、各チャンネルは独立、またはより高い駆動電流を得るため並行(100Vで1000Aまで可)でも使用できます。カスタマイズも承ります。

主な仕様

入力電圧 85~265 VAC / 45~65 Hz (Universal AC)
ダイオード IR電圧 10~100 V, フローティング
出力ピーク電流 0~500 A
出力ピーク電力 50 kW
出力平均電力 1000 W
パルスエネルギー 150 J (最大値)
パルス幅 20~3000μs, パルスエネルギー 150J までに制限
電流立上り時間 10μs (10~90 %, 代表値, ケーブリングに依存, オーバーシュート無し)
パルス繰返し周波数 0~500 Hz (平均出力とパルス幅で制限)
パルス間安定性 < 0.10 %
ジッタ < 100 ns
通信プロトコル接続 CAN, I2C, SPI or Ethernet
同期 内部または外部
コントロールモード リモートまたはローカル
内部保護機能 - 永久短絡回路
- オーバーシュート保護
- 逆極性 (プログラマブル過電圧保護)
- オープン回路
- クローバ回路 110±5 V
- 過温度保護
外部保護機能 - 保護ループ(バックパネル)
- 緊急停止(フロントパネル)
オプション - タッチスクリーンディスプレイ(フロントパネル)
- 2×独立ドライバ(2×出力ドライバ (0-500 A, 10-100 V))
ハウジングサイズ 482 x 133 x 465 mm (19インチラック, 3U), 約 12 kg
動作温度範囲 0 to +40 ℃ (HR < 80%)
保管温度 -20 to +70 ℃
冷却 強制冷却 (内蔵ファン)
MTBF > 250 000時間
規格 - 伝導性雑音 EN55011/22 規格, クラスB
- AC/DC変換 UL及びCSA認証
- CE認証

QCW LDバー&アレイ

4mJ 10kHz QCW LD パルス光源



お問合せ

一覧へ戻る