本文へスキップします。

レーザ専門商社の草分けとして1968年から 研究・開発者のニーズにお応えしてきた日本レーザー

お問い合わせ

製品情報

PicoQuant ピコ秒LD/LED、TCSPC、蛍光計測

PicoQuant ピコ秒LD/LED、TCSPC、蛍光計測

PicoQuant (ピコクアント) 社は1996年に設立され、堅牢・コンパクトで使い易い時間分解の電気光学的機器および計測システムを開発してきました。そして今日の同社は、ピコ秒半導体レーザーと時間分解蛍光システムの分野におけるリーディングカンパニーとして知られています。
同社の製品は世界中で使用され、グローバル企業内での日々の品質管理や生産工程はもちろん、自然と科学に関する論文作成にも貢献している企業です。

並び順:    表示行数:
(1/2)

半導体ピコ秒レーザー“LDHシリーズ”

PicoQuant  

小型, 安定発振, 使いやすさ抜群
紫外から赤外まで多彩な波長ラインナップ。375~1990 nm, 最大20mW出力。最高繰返し周波数80MHz, 最小パルス幅40 ps。CW発振可。

詳細を見る

ファイバーピコ秒レーザー “LDH-FAシリーズ”

PicoQuant  

小型, 安定発振, 使いやすさ抜群~MOFA方式採用で従来の半導体レーザーにない波長を実現。266, 355, 531, 766, 1064, 1532 nm, 最大450mW出力。最高繰返し周波数80MHz, 最小パルス幅80 ps。

詳細を見る

サブナノ秒LED "PLSシリーズ"

PicoQuant  

小型, 安定発振, 使いやすさ抜群。半導体レーザーでは難しいUV領域をカバー。245~600 nm, 最大80μW出力。最高繰返し周波数40MHz, 最小パルス幅500 ps。

詳細を見る

1ch. ピコ秒レーザーダイオード用コントローラー “PDL-800D”

PicoQuant  

安定発振&使いやすさ抜群。PicoQuant社LD/LEDレーザーモジュール パルス&CW兼用シングルチャンネルドライバ。繰返し 31.25kHz ~ 80MHz or CW

詳細を見る

波長&パワー調整機能付き ピコ秒LDドライバ “Taiko PDL M1”

PicoQuant  

抜群の柔軟性と使い易さ。5年間保証の安心品質。繰り返し周波数 1 Hz to 100 MHz。バーストパターン、パルス&CWモードを設定可能。

詳細を見る

ピコ秒レーザーダイオード用マルチコントローラ PDL 828 "Sepia II"

PicoQuant  

安定発振&使いやすさ抜群。PicoQuant社LD/LEDレーザーモジュール 最大8チャンネルのパルス&CW兼用ドライバ。繰返し 196kHz ~ 80MHz or CW

詳細を見る

ピコ秒レーザーモジュール “VisIR-765 STED”&“VisUV”

PicoQuant  

STED顕微鏡の失活用光源に最適な 766nm, 300-500ps パルス幅 VisIR-765 STED。
266, 355, 532 nm マルチ波長出力も可能な VisUV。

詳細を見る

ピコ秒白色光源 “SOLEA”

PicoQuant  

480~900nmものブロードバンドをピコ秒パルスで実現。最大750mW出力。最高繰返し周波数40MHz, 最小パルス幅90 ps。

製品カタログ

詳細を見る

高性能蛍光寿命スペクトロメーター“FluoTime 300”

PicoQuant  

高性能TCSPCモジュール搭載のフルオートマチックの高性能蛍光寿命スペクトロメータ。 蛍光減衰をピコ秒分解能で測定。定常状態の蛍光異方性やりん光の測定も可能。

詳細を見る

ハイスループット・マルチチャンネル TCSPC装置 “MultiHarp 150”

PicoQuant  

4ch. または 8ch. 独立のマルチ入力チャンネル。共通Syncチャンネル (最高1.2GHz)。比類のない短いデッドタイム(650 ps /1ch.)で最高のスループットを実現。

詳細を見る

(1/2)