製品詳細

メーカー PicoQuant  

主な機能と仕様

STED顕微鏡の失活用光源に最適な 766nm, 300-500ps パルス幅 VisIR-765 STED。
266, 355, 532 nm マルチ波長出力も可能な VisUV。

  • VisIR-765 STED
    • 中心発振波長 766 nm
    • パルス幅 300-500 ps (FWHM), 70 ps までの短パルスバージョンも可能
    • 最大平均出力 > 1.5 W
    • 繰返し周波数 シングルショットから最高 80 MHz まで。外部/内蔵トリガ
    • コリメート出力
    • チタンサファイアレーザーの置き換えに最適
  • VisUV
    • 中心発振波長 266, 355, 532 nm
    • パルス幅 < 70 ps (FWHM)
    • 平均出力 2-300 mW (波長によって異なる)
    • 繰返し周波数 シングルショットから最高 80 MHz まで。外部/内蔵トリガ
    • コリメート出力

ピコ秒レーザーモジュール “VisIR-765 STED”&“VisUV”の概略

PicoQuant社のピコ秒レーザーモジュールは、マスターオシレータ・ファイバアンプ (MOFA) に周波数変換技術を組合せたピコ秒パルスレーザーです。 マスターオシレータは VisIR-765 で1530nm、VisUV では 1064nm のピコ秒パルスを発振します。繰返し周波数は最高80MHzで、高い実績を誇るPicoQuantのゲインスイッチング技術を使用しています。このシード光出力はマルチステージのファイバアンプに直接結合され、数dBで増幅されます。この際、波長、偏光、パルス幅といったシード光の他の特性は保持されます。

高効率な波長変換

マスタオシレータからのレーザービームは高いパルスエネルギーにアンプされ、効率的に高調波に波長変換されます。
VisUVでは第二/第三/第四高調波に変換しますが、これら波長を単体で、または複数の波長を個別シャッタから別々に出力することができます。

STED顕微鏡光源に最適な VisIR-765 STED

VisIR-765 „STED“ のパルス幅は数百ピコ秒 (FWHM) に特別に拡張しています。本製品はSTED顕微鏡に最適で、これより長いパルスやCWによる励起ではサンプルが光退色の増加を招く不要な放射量にさらされます。
また外部トリガによる繰返し周波数の制御機能は、誘導放射抑制 (STED) セットアップにおける励起光源と失活用レーザーとの同期に非常に便利です。

繰返し周波数可変

31.25kHz から 80MHz の間で、内部クロックによる12の異なる繰返し周波数を選択できます。また TTL や NIM による外部シグナルでトリガする場合には、シングルショットから最高 80MHz までの任意の繰返し周波数を指定できます。

良好なビーム品質

ほぼ完全な真円の、ガウス型プロファイル (TEM00) の高品質ビームで、M2 は仕様値で 1.1、代表値で約1.02 (VisUV では 532, 355nm時) です。STEDドーナツも正確にビーム成形できます。

コンパクトな独立型デバイス

本製品は熱放出を最大化できるよう特別に設計されたスタンドアローン・デバイスです。繰返し周波数やトリガ源の選択など、確立された技術である PDLシリーズ レーザードライバ の全てのドライブ機能をお使いいただけます。遠隔操作オプションではトリガ源、繰返し周波数、レーザーの全出力パワーの設定が可能です。

ピコ秒レーザーモジュール “VisIR-765 STED”&“VisUV”の応用例

VisIR-765 STED VisUV
  • 蛍光寿命イメージング (FLIM)
  • 燐光寿命イメージング (PLIM)
  • 蛍光相関分光法 (FCS)
  • 蛍光寿命相関分光法 (FLCS)
  • フェルスター共鳴エネルギー遷移 (FRET)
  • パルス・インタリーブ励起 (PIE)
  • 蛍光異方性 (分極)
  • 時間分解フォトルミネセンス (TRPL)
  • TRPL イメージング
  • ライダー/距離測定/SLR
  • アンチバンチング
  • 時間分解蛍光
  • 誘導放射抑制顕微鏡 (STED)
  • 蛍光寿命イメージング (FLIM)
  • 燐光寿命イメージング (PLIM)
  • 蛍光相関分光法 (FCS)
  • 蛍光寿命相関分光法 (FLCS)
  • フェルスター共鳴エネルギー遷移 (FRET)
  • 共焦点蛍光相関分光 (2fFCS)
  • パルス・インタリーブ励起 (PIE)
  • 蛍光異方性 (分極)
  • 一重項酸素
  • レーザー切断/アブレーション
  • 時間分解フォトルミネセンス (TRPL)
  • TRPL イメージング
  • 蛍光アップコンバージョン
  • ライダー/距離測定/SLR
  • アンチバンチング
  • 3D重合
  • 単一分子分光

主な仕様(予定)

モデル VisIR-765 "STED" VisUV
光出力
中心波長 766 ± 3 nm 266 ± 1 nm (*2) 355 ± 1 nm (*2) 532 ± 2 nm (*2)
最大平均出力パワー > 1.5 W > 2 mW > 3 mW > 300 mW
パルス幅, 代表値 0.5 ns (*1) < 70 ps
スペクトル線幅 < 0.5 nm < 1 nm
出力 コリメートビーム コリメート
ビーム (*3)
コリメート
ビーム
コリメート
ビーム
ビーム径 2.2 mm ± 0.2 mm -
ビーム品質 M2 < 1.1 (代表値 ~ 1.02),
TEM00
-
PER > 30 dB > 25 dB
パワー安定性, 12時間 < 3 % rms (ΔT (ambient) < 0.5 K)
繰返し周波数
内蔵, 周波数幅 ユーザー選択可:
80, 40, 20, 10, 5, or 2.5 MHz (80 MHz 基本周波数時)
1000, 500, 250, 125, 62.5, or 31.25 kHz (1 MHz 基本周波数時)
NIM外部入力 トリガレベル: 固定トリガレベル@-400 mV
コネクタ: NIM-CAMAC
TTL外部入力 周波数幅: <1 Hz to 80 MHz
振幅: - 5 V to + 5 V (最大リミット)
トリガレベル: -1 V ~ +1 V 間で調整可
コネクタ: BNC
同期出力
振幅 < -800 mV into 50Ω (NIM)
コネクタ SMA
サイズ
寸法 352 x 336 x 82.5 mm, l × w × h
重量 7.5 kg -
操作
温度範囲 10~35 ℃
最大消費電力 115 W

*1 オプションで 70 ps までの短パルスバージョン提供可
*2 どの波長も個々にまたは1ビームにまとめて多波長での出力が可能です。br /> *3 コリメーションレンジ制限有り


関連商品

LDH-FAシリーズ MOFA方式ファイバーピコ秒LD 266/531/766/1064/1532 nm, 1~1000mW
LDHシリーズ ピコ秒LD 375~1990 nm, 数~20mW
PLSシリーズ サブナノ秒LED 245~600 nm, 数~80μW
SOLEA ピコ秒白色光源 480~700nm(broadband), 350mW max.
オレンジ色DPSSレーザー 594nm 100mW max., 607nm 50mW

この商品に関するお問い合わせ

ログイン

登録済みのユーザー名パスワードでログインしてください

登録はこちら

ユーザー登録(無料)で、ログイン後の問合わせ入力が簡単になります

条件別から検索する

総合カタログダウンロード

社長からのメッセージ ~夢と志の経営~